無添加のオールインワンゲル

オールインワンゲルの中には、無添加を謳っている商品があります。
パラベン不使用、鉱物油不使用、界面活性剤不使用などと表示されていたり、パラベンフリーなどと表示されていることもありますが、これらは全て○○無添加と解釈してよいでしょう。
なんとなく無添加といわれるとよいもののようなイメージがあるという人は多いでしょうが、どうしてよいかご存知でしょうか。
ここでは、無添加になっていたほうがよいといわれている成分の特徴について取り上げていくことにします。
まずパラベンですが、これは防腐剤としての役割を果たします。
オールインワンゲルを長持ちさせるにはいいのではないかと思う人もいるでしょうが、使用されている場合はアレルギー反応を起こすリスクがあるのです。
次に鉱物油ですが、商品の保湿力を高めるために使用されます。
しかしながら、鉱物油が使われている化粧品を肌に塗り、紫外線を浴びていた場合には、油焼けのトラブルを招くリスクがあるのです。
結果、肌がどんよりと暗い印象になったり、シミの肌トラブルが引き起こされることにもなりかねません。
それから、界面活性剤ですが、乳化作用をもたらし油と水を混ぜ合わせることを可能にする役割を果たします。
脂性肌の人にスキンケア化粧品をなじませるのに欠かせません。
ですが、界面活性剤が使用されているものを肌につけていると、長年をかけて成分が体内で溜め込まれることになり、のちにシミ、シワなどの肌トラブルとなってあらわれるようになります。

ページトップへ